任意整理の費用について徹底解説

任意整理の費用について徹底解説

任意整理の費用について徹底解説

任意整理をしたいけど、費用が気になる。

 

任意整理の費用はいくらかかるのか。

 

という方も多いことでしょう。

 

任意整理をするにあたって費用は気になりますよね。

 

私もそうでした。2014年に借金の返済が困難になり、任意整理をしました。その際、費用が気になり、かなりの時間を割いて調べた記憶があります。

 

任意整理をしたいけど、費用がかなりかかるようであれば出来ない。
そう思いました。

 

任意整理の費用は、法務事務所(司法書士の事務所)や法律事務所(弁護士の事務所)によってことなります。
任意整理を依頼する事務所によってマチマチということです。費用が高いところもあれば、安いところもあります。

 

通常、債務整理をする場合、費用を先払いできないので、分割で支払います。私も債務整理をしたとき、費用を分割払いにしてもらいました。
任意整理の場合、和解後に返済が再スタートします。そうなると、しばらくの間は返済と任意整理にかかった費用の分割支払いが重なります。生活も立て直していかなければならないので大変です。また払えなくなるということにもなりかねません。
ですから、任意整理の費用はなるべく抑えることです。そのためには、費用が安い事務所に依頼することです。もちろん、安いだけではなく、任意整理の実績が豊富な事務所であることも重要です。

 

私がオススメするのは、はたの法務事務所です。任意整理の費用が安い法務事務所です。

 

私のオススメ ⇒ はたの法務事務所 公式サイト

※電話相談は無料なので、費用がいくらくらいになるのかだけでも聞いてみましょう

 

 

任意整理にかかる費用

任意整理にかかる費用は以下のとおりです。

  • 相談料
  • 着手金
  • 成功報酬
  • 減額報酬
  • 通信費
  • 郵券料
  • 印紙代

費用の名目や金額は、法務事務所や法律事務所によってことなります。
ほとんどの場合、借入先(債権者のこと。消費者金融やカード会社)1件あたりいくら、で決められています。
それプラス、通信費や郵券料。

 

 

印紙代

貸し手である消費者金融やカード会社と任意整理での和解が成立すると、和解書を交わします。
その和解書に印紙を貼ります(たぶん、法務事務所や法律事務所が貼ってくれます)。
その印紙の代金はこちらが払うことになります。

 

高額なか報酬を取る事務所に注意!

任意整理の手続きを請け負う事務所の中には、かなり高い報酬を取るところがあります。
私が任意整理の手続きを依頼した事務所の費用に比べると、2倍以上もの報酬を取るところがあるのには、正直、驚くというよりかあきれました。

 

なんのために任意整理をするのでしょうか?

 

借金を減らすため。
返済を楽にするためです。

 

そのために、高い報酬を払ったのでは、任意整理をする意味がありません。
ですから、なるべく費用が安い事務所を探して依頼しましょう。
最初の無料相談のときに、「費用は全部でいくらくらいかかりますか?」と聞きましょう。
こちらの借金の状況を伝えれば、大まかな金額はわかります。
ほとんどの事務所では、借入先の件数によって任意整理の費用が決まります。
勿論、減額になったり、過払い金があったりすれば、費用の金額が増減しますが、だいたいの金額は借入先の件数でわかります。
この金額を無料相談のときに教えてもらいます。
複数の事務所の無料相談で金額を聞き、なるべく安いところを探して依頼しましょう。

 

費用が安い事務所を探している余裕がない。
安い事務所が見つからない。
パニックになっているので、どの事務所がいいのかわからない。
という人は、とりあえず、私がすすめている事務所の無料相談に電話をかけてみてください。
任意整理の経験がある私からすれば、どこが安いかすぐに見極められます。

 

費用が安い事務所はここです ⇒ はたの法務事務所

 

 

債務整理がよくわからない

 

任意整理とか言われても、よくわからない。
債務整理ってナニ?
どうしたらいいか、わからないよ。
なにをすればいいのか教えてよ。

 

という人も多いことでしょう。
債務整理、任意整理について、はじめから詳しく知っている人など、法律家しかいないでしょう。
ふつうは知りません。
私もこうしてサイトを立ち上げていますが、はじめは何もわかりませんでした。
知っていたのは、「自己破産」という言葉くらいです。
ですから、あなたがわからなくても、おかしなことではありあません。

 

しかし、よくわからないからといって、先延ばしにすると、状況がどんどん悪くなってしまいます。
ですから、早めに動きましょう。
私の経験からですが、「少し早いかな」というくらいで丁度いいと思います。

 

まずは、債務整理に詳しい司法書士か弁護士に相談してください。
無料で相談できるところがたくさんあります。
そこで、あなたの借金の状況を伝えてください。

 

  • 借入先は何件
  • 残っている借金は全部でいくら
  • 月々いくらくらい返済しているのか
  • 今後、月々いくらくらいなら返済できるのか
  • 持ち家などの財産はあるのか、ないのか

 

といったことを伝えます。
以上のことを、相談の前にメモしておきましょう。

 

これらの情報を伝えれば、向こうは借金問題解決のプロなので、どのような方法で解決できるのか判断してくれます。
どの債務整理にすればいいのか、教えてくれるわけです。

 

債務整理について自分で調べるのもいいのですが、知識がつくころには状況がさらに悪くなっている恐れがあります。
また、知識がついても、どうせ、司法書士か弁護士に依頼することになります。

 

だったら、先に聞いちゃったほうが早い、ということです。

 

 

任意整理は以下の手順(流れ)で任意整理を進めてください

任意整理をしたいけど、どうしていいかわからない。

 

という人も多いことでしょう。
ほとんどの人は初めてだし、借金の悩みで頭の中がいっぱいだし、よくわからないですよね。
私も一時、そうでした。

 

以下の手順(流れ)で任意整理を進めてください。

 

1. 費用が安い事務所を探す

 

2. 無料相談に電話をかける(メール相談でもOK!)

 

3. 良さそうなら、任意整理の手続きを依頼する

 

4. あとは司法書士または弁護士の指示で動く(ほとんどやることはありませんが)

 

 

任意整理はどのような借金整理法なのか?

任意整理とは裁判所を通さないで債権者(借入先のこと。消費者金融やカード会社)と交渉し、返済方法を決める手続きのこと。
任意整理の主な特徴

  • 借金はなくならない(残っている借金は返済することになります)
  • 借金が減額されることもある(ほとんどないと思っていたほうがよいでしょう)
  • 将来的な利息は発生しない

 

任意整理はどのような借金整理法

自己破産とはことなるので、残っている借金はなくなりません。

債権者との和解後、新たな返済計画で返済することになります。

 

借金が減額されることもあります。
任意整理について書かれたサイトを見ると、「任意整理は借金が減額されます」と書かれていますが、任意整理の経験を持つ私からすると、その可能性は極めて低いといえます。
よほどのことがないかぎり、残っている借金は減額されないと思っていたほうがよいでしょう。
だからといって諦めてはダメ。減額の交渉はするべきです。

 

将来的な利息は発生しないことが多いようです。
「利息なしで返済」という条件で交渉すれば、ほとんどの場合、通るようです。

 

任意整理による借金返済の条件

任意整理では残っている借金を和解後に返済していきます。

 

では、どのくらいの期間、どのくらいの金額で返済していくのでしょうか?

 

これは原則的に3年間。
36カ月で返済することになります。
勿論、2年間で返済できるのなら、2年間で和解してもかまいません。
通常は3年間のようです。

 

例1)
残っている借金が100万円
3年で返済(将来的な利息なし)

 

100万円 ÷ 36回 = 約2万7777円

 

月々の返済額は約2万7777円。

 

3年じゃきついな。
という方も多いことでしょう。
私もそうでした。

 

原則3年間ですが、交渉しだいでは5年間に延ばせます。

 

例2)
残っている借金が100万円
5年で返済(将来的な利息なし)

 

100万円 ÷ 60回 = 約1万6666円

 

月々の返済額は約1万6666円。

 

5年間ならなんとかなる、という方は多いはず。
私もなんとかなると思いました。

 

 

任意整理するにはどうすればよいのか?

任意整理は自分でもできます。
債権者である消費者金融やカード会社と交渉すればよいわけです。
これなら、費用を抑えることができます。

 

しかし、ほとんどの場合、相手にもされないでしょう。
「早く返済してください」
「遅れないように返済してください」
「法的手段に訴える」
といわれるでしょう。
任意整理(の交渉)には応じてもらえません。

 

一般的に、任意整理は弁護士か司法書士に依頼します。
すると、依頼された弁護士や司法書士は債権者である消費者金融やカード会社に受任通知を送ります。
さすがに弁護士や司法書士が受任したとなれば、消費者金融やカード会社は交渉に応じます。

 

弁護士か司法書士に依頼、というと及び腰になってしまう方が多いようです。
私もそうでした。
なんだかおおごとのような気がして腰が引けてしまいますよね。
それで先送りにしてしまうと、ほとんどの場合、状況が悪化してしまいます。
収入が増えるか、まとまったお金が入らないかぎり、金銭的に苦しくなるでしょう。

 

だから、思い切って依頼するべきです。
依頼してしまえば、それほど「おおごと」ではないとわかるとはずです。

 

任意整理は早いほうがいいです。
私自身、もっと早く任意整理に踏み切ればよかったと思っています。
任意整理したことはこうかいしていません。むしろ、良かった、と思っています。
しかし、任意整理するタイミングは後悔しています。
もっと早いタイミングでするべきでした。

 

借金返済のために借金をしたとき、今後収入が増える見込みがなく、まとまったお金が入る見込みもない、というようであれば、任意整理を検討したほうがよいでしょう。
自分で判断できない場合は、債務整理に強い弁護士や司法書士の無料相談で見極めてもらいましょう。

 

 

オリコの借金を任意整理するには

オリコの借金返済が厳しいなら、司法書士や弁護士を通して任意整理を検討しましょう。
キャッシングなどの小口融資の整理方法としては、ほとんどの方が任意整理を選択されます。
その他の方法だと弁護士報酬は軽く30万円を超えてしまいますし、オリコ以外のローンも整理対象となります。
オリコだけ整理して、残りのローンは今まで通りに支払うという方法は通用しません。
任意整理だと特定のローンだけ整理できるので、整理したくない保証人ありのローンなどは除外できます。

 

司法書士や弁護士に依頼をすれば、任意整理は簡単に行うことができます。
自分はオリコと直接交渉する必要はありませんので、弁護士にすべて任せてOKです。
手続きはすべて代行してくれるので、依頼者は電話や郵送による結果を待つだけでいいのです。
任意整理の手続きを開始すると、すぐにオリコからの取り立ては止まります。
取り立てが厳しくなっている方は、1ヶ月以上の遅延をしているはずです。
ローン全般に言えることですが、1ヶ月程度の遅延をすると取り立てが厳しくなってきます。
厳しい取り立てから解放されるためには、債務整理の手続きをするしかありません。
司法書士や弁護士からオリコに対して受任通知が届くと、その瞬間から取り立てがストップします。

 

 

過払い金があるか調べる

任意整理をするついでといってはなんですが、過払い金があるか、弁護士や司法書士に調べてもらいましょう。
過払い金とは、払い過ぎたお金のこと。
かつて、消費者金融やクレジットカードのキャッシングは利息がグレーゾーン金利で設定されていました。
高く設定されていたわけです。
この払い過ぎた利息は返還請求をすると戻ってくることがあります。
私も過払い金があり、返還請求をして取り戻しました。それを、任意整理の費用に充て、残りをいざというときのための蓄えにしました。

 

過払い金は、弁護士や司法書士が調べてくれます(たぶん無料で)。
過去の借金状況を弁護士や司法書士に説明すれば過払い金がありそうかわかるはずです。
ありそうなら、消費者金融やカード会社から取引履歴を取り寄せて過払い金を計算してくれます。

 

「私の場合、過払い金がありそうですか?」

 

と、任意整理の相談のときに聞きましょう。

 

 

過払い金請求の費用

過払い金請求には費用がかかります。
ただし、成功報酬のところが多いので、後払い。
取り戻した過払い金の中から報酬を支払うことになります。
相談も無料なので、初期費用がなくてもできるわけです。

 

成功報酬の相場

取り戻した過払い金の20パーセント

 

そのほか、わずかですが費用がかかることもあります。

 

また、任意整理をしないで過払い金請求だけをすることもできます。

 

任意整理と同時に過払い金請求 まとめ

任意整理をする際、過払い金があるか調べてもらう
過払い金があれば返還請求をして取り戻す
過払い金請求の費用は戻ってきた過払い金から支払う(着手金なし・費用は成功報酬型)
過払い金請求費用の相場は取り戻した過払い金の20%

 

 

任意整理後に生活保護を受けられる?

生活が苦しいので、借金を整理したら生活保護を受けたい。

 

そう思っている人もいることでしょう。
私も、借金の返済で生活が苦しいとき、「債務整理をした後に生活保護を受けよう」と思ったことがありました。

 

ただ、(生活保護の受給は)ちょっと難しいかな、と思い断念しました。
なぜなら、借金が残っていると生活保護の申請をしても通りにくいからです。生活保護費を借金の返済に充てることはできないそうです。
そのため、借金が残っていると窓口で断られることが多いそうです。

 

任意整理後に生活保護を受けるのであれば、一括弁済(残っている借金を一括で返済)にする必要があります。一括弁済で借金をなくし、その後、生活保護を申請します。
分割弁済の場合だと借金が残ってしまうので、生活保護を受けるのは難しいでしょう。

 

どうしても生活保護を受けなければならない、という事情があるなら、任意整理ではなくて自己破産にするべきでしょう。
自己破産で債務(借金)の返済義務がなくなれば、生活保護を受けられる確率が高くなります。

 

司法書士や弁護士に、債務整理後に生活保護を受けたい旨を伝え、どの債務整理がよいのか判断してもらいましょう。

 

 

 

債務整理の費用や進め方について徹底解説
借金返済の目処がたたず、債務整理(自己破産や任意整理など)を検討中の方は必見です!債務整理の費用や進め方について徹底解説しています。

 

 

更新履歴

2016.04.27
クレジットカード未払い分の任意整理の記事を更新しました。
クレジットカード未払い分も任意整理できます。
クレジットカードの月々の支払いが困難だ、という方は読んでください。

 

2016.03.23
任意整理の無料相談の記事を更新しました。
司法書士や弁護士を見つけたら、債務整理の無料相談(任意整理についての無料相談)を受けましょう。
私の経験をもとに記事を書きました。
参考にして下さい。

 

2016.03.09
任意整理の費用を分割の記事を更新しました。
任意整理の費用は分割にできるのか
これから任意整理をする方、いま任意整理を検討されている方にとっては、気になることでしょう。
私の経験をもとに記事を書きました。
参考にして下さい。

 

任意整理の相談エリア
北海道/青森県/秋田県/岩手県/宮城県/山形県/福島県/東京都/神奈川/千葉県/埼玉県/茨城県/栃木県/群馬県/山梨県/福井県/石川県/富山県/新潟県/長野県/愛知県/静岡県/岐阜県/三重県/大阪府/兵庫県/京都府/和歌山/奈良県/滋賀県/広島県/岡山県/山口県/鳥取県/島根県/香川県/愛媛県/高知/徳島県/福岡県/長崎県/熊本県/大分県/宮崎県/佐賀県/鹿児島/沖縄県


ホーム RSS購読 サイトマップ