メリットとデメリットの両方がある任意整理

メリットとデメリットの両方がある任意整理

メリットとデメリットの両方がある任意整理

任意整理にはメリットとデメリットの両方があります。
簡単にまとめておきましょう。

 

任意整理のメリット

  • 元金を減らせることがある
  • 将来的な金利をカットできる
  • 返済期間を延ばすことができる
  • 過払い金があれば取り戻すことができる

 

任意整理のデメリット

  • ブラックリストに載る
  • 新たな借り入れができない
  • クレジットカードが使えなくなる

 

 

元金を減らすことができる【メリット】

任意整理は債権者との交渉しだいで、元金を減らすことができます。
しかし、元金を減らせるのは一括弁済の場合。
分割弁済の場合はちょっと厳しいかもしれません。

 

将来的な金利をカットできる【メリット】

任意整理の分割弁済では債権者との交渉しだいで、将来的な金利をカットすることができます。
無利息のお金を借り、それを少しずつ返済していく形になります。

 

返済期間を延ばすことができる【メリット】

任意整理の分割弁済では債権者との交渉しだいで、返済期間を延ばすことができます。
期間は3〜5年。「6年にしてもらえた」という話も聞いたことがあります。

 

過払い金があれば取り戻すことができる【メリット】

任意整理では、過払い金があった場合、交渉しだいで取り戻すことができます。
債権者が返還に応じない場合は、訴訟もありです。

 

 

ブラックリストに載る【デメリット】

任意整理をすると個人信用情報に記載されます。
俗に言う、「ブラックリスト」に載ってしまうわけです。
完済後も5年間はブラックリストに載ったままです。
私もブラックリストに載っっています。

 

新たな借り入れができない【デメリット】

ブラックリストに載ってしまうわけですから、当然、新たな借り入れはできません。
クレジットカードもつくれないし、ローンも組めません。
これは大きなデメリットといえるでしょう。

 

クレジットカードが使えなくなる【デメリット】

持っているクレジットカードは使えなくなります。
新たにカードを作ることもできません。


ホーム RSS購読 サイトマップ