交渉中は返済がストップする

交渉中は返済がストップする

交渉中は返済がストップする

任意整理の交渉中は返済がストップする

 

任意整理の交渉中、返済はどうなるのでしょうか?

 

ストップします。

 

和解後、合意した案での返済がスタートするまで、返済しなくてよいそうです。

 

 

任意整理をする場合、司法書士か弁護士に依頼します。
そして、司法書士や弁護士が債権者(消費者金融やカード会社)に受任通知を送付します。
この受任通知を債権者が受け取れば、返済がストップされます。

 

次の返済は(返済が再開されるのは)、債権者と和解し、合意した案で返済がスタートしたときです。

 

つまり、

 

受任通知の送付〜合意した案で返済がスタート

 

の間は返済しなくてよいわけです。

 

これは助かりますね。

 

この間に少しでも生活を立て直しておくことが大切です。
たとえば、支払いが遅れていた家賃や公共料金を払うなど。返済していた分を生活の立て直しに使うべきです。

 

返済がストップする期間はケース・バイ・ケースといえます。交渉がまとまるまでにどれくらいかかるかによって期間がちがってきます。和解まで早くても2カ月はかかるでしょう。

 

たしか、私の場合は3カ月間、返済がストップしました。
その間、少しだけですが、司法書士に報酬を払いました。

 

任意整理の交渉中は返済がストップする まとめ

受任通知を債権者が受け取れば、返済がストップされる
次の返済は(返済が再開されるのは)、債権者と合意した案で返済がスタートしたとき
返済がストップしている間に少しでも生活を立て直しておくことが大切


ホーム RSS購読 サイトマップ