任意整理が出来ない

任意整理が出来ない

任意整理が出来ない! そんなときの対処はこちら

任意整理が出来ない!

 

と悩んでいる方へ。

 

その理由によって対応がことなってきます。

 

任意整理が出来ない理由は主に以下の4つでしょう。

  1. 債権者が応じない
  2. 返済能力がない
  3. 費用がない
  4. 債権者が1社だけ

 

任意整理が出来ない理由1 債権者が応じない

任意整理は裁判所を通さず、債権者と直接交渉して、新たな返済方法を決めます。
こちらが提案して、相手である債権者が応じなければ和解できません。
ほとんどの消費者金融・カード会社は任意整理に応じるようです。
しかし、なかにはまったく応じないところもあるとか。
某カード会社は一切応じないそうです。
「任意整理に応じてもらえなかったら、自己破産にします。それでもいいのですか?」
といったら、
「どうぞ」
と返されたそうです。
これは司法書士から聞いた話です。私自身が実際に確かめたわけではないので、カード会社の名前は書けませんが。

 

こういった場合の対応は、司法書士や弁護士と相談するべきです。
私の司法書士は、「任意整理に応じてもらえなかったら、自己破産にすればいいだけです」といっていました。

 

「できれば、自己破産は避けたい」
という方がほとんどだと思いますが、債権者が任意整理に応じてもらえなければ仕方がないでしょう。
司法書士や弁護士とよく相談してください。

 

任意整理が出来ない理由2 返済能力がない

任意整理の場合、自己破産とちがって債務(借金)の返済義務はなくなりません。
残っている借金は返さなければなりません。
当然、返済能力がなければ任意整理が出来ません。

 

任意整理では、残っている借金を金利なしで、3〜5年で返済していきます(勿論、これより短い期間でも可。一括でも)。
この条件で返済できる能力があるか、がポイントになります。
返済能力がない場合、自己破産で債務整理をすすめたほうが無難です。

 

任意整理が出来ない理由3 費用がない

任意整理の費用は、たいがい債権者の数で決まります。
債権者の数が多いと、費用はかなりの額になってしまします。
とても、用意できないでしょう。
私も費用のことを気にしていました。
しかし、債務整理に力を入れている法律事務所・法務事務所のなかには、費用を分割払いにさせてくれるところがあります。
そういった事務所に依頼すれば、現時点で費用が用意できなくても任意整理できます。

 

任意整理が出来ない理由4 債権者が1社だけ

債権者が1社だけの場合、任意整理を断る法律事務所・法務事務所がけっこうあります。
一般的に、任意整理の費用は債権者の数で決められています。債権者が多いほど費用も高くなります。
ですから、債権者が1社だけだと、あまり利益が出ないので、ことわる事務所があるようです。

 

債権者が1社ということで断られた方は以下の法務事務所に相談してください。

 

私のオススメはこちら ⇒ アヴァンス法務事務所

 

任意整理が出来ないときの対処 まとめ

債権者が任意整理に応じない場合は自己破産を検討する
返済能力がなくて任意整理できない場合は自己破産を検討する
費用がなくて任意整理できない場合は分割払いが可能な事務所を探す
債権者が1社だけ任意整理できない場合は1社でも引き受けてくれる事務所を探す


ホーム RSS購読 サイトマップ