任意整理の手続きは弁護士か司法書士に任せる

任意整理の手続きは弁護士か司法書士に任せる

任意整理の手続きは弁護士か司法書士に任せる

司法書士や弁護士に任意整理を任せるのであれば、任意整理の手続きは司法書士や弁護士がやってくれます。
こちらがするべきことは、和解したとき、和解書に署名・押印するくらいです。
私が任意整理をしたときは、司法書士に任せました。勿論、依頼すれば費用がかかるのですが、それでも確実なので、そのほうが賢い選択だと思いました。

 

任意整理の手続き(流れ)

(司法書士や弁護士に依頼した場合は債権者に受任通知が送付される)

債務(借金)の調査

債務の確定

債権者に弁済案を提示

債権者と交渉

債権者の同意を得る(または債権者と合意)

和解書に署名・押印する

和解した弁済案での弁済をスタート

 

 

債権者に受任通知が送付される

司法書士や弁護士に任意整理を依頼した場合は、司法書士や弁護士が債権者(借入先の貸金業者など。消費者金融やカード会社など)に受任通知を送付します。この通知が受け取られると銀行口座が凍結される可能性があるので注意しましょう。とくに銀行系クレジットカードを任意整理する場合は関連する金融機関の口座が凍結される恐れがあるので、気をつけてください。気になる方は「銀行口座が凍結される可能性」の記事を読んで、司法書士や弁護士に相談しましょう。

 

債務(借金)の調査

次は、債務を調査します。いくら借りて、いくら返して、いくら金利を払って、いくら残っているのかを調べます。とくに、残っている借金の額が重要。
また、過払い金がありそうな場合は、金利として払った額が重要になります。

 

自分でやる場合は、契約書、明細書などをもとに計算します。ただ、明細書をすべて保管している方は少ないでしょう。ほとんどの方は、明細書がどこかにいってしまったはず。
その場合は、債権者から取引履歴を取り寄せます。
しかし、すんなり提示してくれない債権者もあるようです(半分、嫌がらせでしょうか)。

 

司法書士や弁護士に依頼した場合は、取引履歴を取り寄せ、それをもとに債務を調査してくれます。

 

債務の確定

借金がいくら残っているのか、確定させます。
過払い金がある場合は、過払い金の額も確定させます。過払い金の額が残っている債務よりも少なければ相殺、多ければ返還してもらいます。

 

債権者に弁済案を提示

債務を確定したうえで、弁済案を決めます。
一括弁済案……残っている借金を一括で返済します
分割弁済案……残っている借金を分割で返済します。通常は3〜5年で返済

 

債権者と交渉

弁済案が決まったら債権者に提案し、交渉をします。
一括弁済案の場合は借金の減額に比重をおいて交渉するとよいでしょう。
分割弁済案の場合は借金の減額が難しいので、将来的な金利のカットと返済期間を長くすることに比重をおいて交渉するとよいでしょう。勿論、減額も交渉しますが。

 

司法書士や弁護士に依頼した場合、交渉は任せておけばよいでしょう。

 

自分で任意整理の交渉をやる場合は、ここが難関。
まず、債権者が相手にしてくれるかどうか。そして、交渉に応じてくれるのかどうか。これについては「任意整理は自分で…」の記事で詳しく述べているので、そちらを参考にしてください。

 

債権者の同意を得る(または債権者と合意)

弁済案を提示し、交渉をして債権者から同意を得ます。
また、債権者側からなんらかの提案があり、その条件がよければ合意します。
たとえば、「今月以内に決めてくれるなら、5年間の返済でいいよ」というような提案です。

 

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ