任意整理後に返済が困難になったら

任意整理後に返済が困難になったら

任意整理後に返済が困難になったら再和解か自己破産

任意整理後に返済が困難になってしまいました。

どうすればよいでしょうか?

 

急いで任意整理を依頼した法律事務所・法務事務所に相談するか、別な法律事務所・法務事務所に相談してください。
「(任意整理の)再和解」、または「自己破産」で手続きをすすめることになるでしょう。

 

 

任意整理をしたけど、再び返済が困難になってしまった。

 

ということもあるでしょう。

 

考えられる原因は3つあります。

  • 任意整理の返済案に無理があった
  • 任意整理後に収入が減ってしまった
  • 任意整理後に支出が増えてしまった

 

任意整理の返済案に無理があった

そもそもの返済案に無理があると、任意整理後の返済できつくなってしまいます。

 

任意整理後に収入が減ってしまった

任意整理をした時点では十分に返済していける収入があったが、任意整理後に収入が減ってしまい、返済していけなくなるということもありえます。

 

任意整理後に支出が増えてしまった

任意整理をした時点では支出がそれほど多くなく、十分に返済していけるはずだったのに、なんらかの理由で支出が増えてしまい返済していけなくなったということもありえます。

 

 

では、任意整理後に返済が困難になったらどうすればよいのか?

 

まずは、債務整理の相談をしましょう。
任意整理を依頼した法律事務所(弁護士)・法務事務所(司法書士)に相談するか、別な法律事務所・法務事務所に相談してください。

 

そして、残っている借金をどうするかを話し合って決めます。
一般的な債務整理の相談と同じです。

 

おそらく、「(任意整理の)再和解」、または「自己破産」をすすめられるでしょう。

 

返済能力があれば再和解、返済能力がなければ自己破産。

 

再和解は、債権者と再度交渉して、返済案を決めます。
もう一度、任意整理するわけです。
しかし、一度、任意整理をしているので、再度、和解できるかどうかわかりません。
任意整理の再和解は難しいといわれています。

 

返済能力がなければ自己破産をすすめられるでしょう。

関連ページ

任意整理後はクレジットカードを使えるのか
任意整理後はクレジットカードが使えません。新たに作ることもできません。なので、私は「ドコモ口座 Visaプリペイド」を使っています。クレジットカードと同じように決済できます(分割払いは不可)。

ホーム RSS購読 サイトマップ