クレジットカード現金化はマジでヤバい

クレジットカード現金化はマジでヤバい

クレジットカード現金化はマジでヤバい

クレジットカード現金化でお金を融通しようと思っているのですが、大丈夫なのか?

ヤバいです。

 

私は酷い目に遭いました。

 

クレジットカード現金化

「クレジットカードの現金化」というのを知っていますか?

「ショッピング枠の現金化」ともいいます。

 

これは、その名のとおり、ショッピング枠を現金化するサービスです。

 

クレジットカードには、キャッシング枠とショッピング枠があります。
キャッシング枠を使えば、現金を借りることができます。しかし、限度枠はそれほど大きくないので、あまり借りることができません。

 

「ショッピング枠でもお金を借りることができれば」

 

そう思った方も多いことでしょう。

 

できるんです。
ちょっとヤバい方法ですが。

 

クレジットカード現金化の流れ

 

ショッピング枠で貸金業者が指定したものを購入

購入したものをその貸金業者に買い取ってもらう

現金が手に入る

返済(支払い)はカード会社に

 

購入する物は業者によってことなります。
売れ筋の家電(または換金率の高い家電)、わけのわからない品物など。

 

業者が転売する場合は、換金率の高い商品を指定することが多いようです。
業者の関連する会社の商品を購入する場合(転売しない場合)は、わけのわからない商品ということもよくあります。
まるで、かつてのパチンコ特殊景品のようです。
ようは、なにか商品をやり取りして、お金だけのやり取りでなければいいのでしょう。

 

「なんだかいいサービスだな。ショッピング枠があるので、現金化してみるか」

 

そう思った方も多いのではないでしょうか。
私もはじめはそう思いました。「その手があったか」と。

 

でも……だいたい察しがつくと思いますが、カードの利用額と業者から受け取り金額にはかなりの開きがあります。
業者から受け取り金額、良くてカード利用額の80%台、悪いとカード利用額の60%台。
さらに、あくどい業者は手数料などの名目でけっこうな金額を取ります。

 

こんなサービスは利用しなければいいのでは、と思うかもしれませんが、借金で苦しくなると、とにかく現金がほしくなるので利用してしまいます。

 

クレジットカード現金化を利用するくらいなら債務整理

クレジットカード現金化を利用すると、その場はしのげます。
たとえば、借金の返済日が迫っていて金策をしている場合など。クレジットカード現金化なら、すぐに現金が手に入り、支払いは翌月以降。
しかし、その場はしのげますが、いずれは支払いがまわってきます。そのとき、お金を用意できるのか。
できなければ、どうにかしてお金を用意しなければならない。
またクレジットカード現金化を利用するのか。
こんなことを繰り返していれば、遅かれ早かれ追い込まれるはず(すでに追い込まれていますが)。
カードの支払いも滞るでしょう。そうすれば、ブラックリストに。

 

だったら、債務整理のほうがマシです。

 

借金の返済が困難になっていてクレジットカード現金化でしのごうと考えている方へ。
すでに厳しい状況だと思います。まとまったお金の入る見込みがないと、どんどん追い込まれていくでしょう。
債務整理を検討するべきです。

 

ちなみに、クレジットカード現金化はカードの規約に違反するそうです。
カード会社にバレると、カードが停止されてしまう可能性があります。

関連ページ

夜逃げをするくらいなら債務整理
借金の返済が困難になった→金策に走る→金策がうまくいかない→夜逃げ。私は20代のときに夜逃げをしたことがありますが、かなり大変でした。夜逃げするくらいなら、債務整理のほうが楽です。
まだいるんですね、買取屋
買取屋とは、クレジットカードで家電などを購入させ、その消費を買い取る金融屋のことです。私は20代の頃、よくわからずに買取屋を利用したことがあります。
クレジットカードで商品を買って換金
ショッピング枠でお金を借りられないか?借りられないでしょう。しかし、ショッピング枠でお金を作ることはできます。換金しやすい、換金率が高い商品をカードで購入して捌きます。
新幹線のチケットをカードで買って換金
クレジットカードで新幹線のチケットや回数券を購入しろ。それを金券ショップで換金すればお金が作れるぞ。
借金返済のために睡眠時間を削ってバイト
債務整理は大きく分けると4つあります。自己破産、任意整理、特定調停、個人再生です。どれがよいかはその人の状況によってちがいます。債務整理に強い弁護士や司法書士に見極めてもらいましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ