債権者が1件という理由で断られる

債権者が1件という理由で断られる

債権者が1件という理由で任意整理の依頼を断わられた

任意整理をしようと思ってある事務所へ相談しましたが、債権者が1件(1社)ということで断られました。

このように債権者の件数で任意整理の依頼を断られることはあるのでしょうか?

 

あります。
債権者が1件だと任意整理の依頼を断る法律事務所・法務事務所(司法書士事務所)があるようです。

 

債務整理に力を入れている法律事務所や法務事務所のサイトで料金表(債務整理費用のページ)を見ると、任意整理の費用(報酬金)は債権者の件数によって決まるところが多いようです。

 

たとえば、「債権者1件あたりの報酬金は4万円」というように。

 

当然、債権者の数が多いほど報酬も多くなるので、法律事務所や法務事務所にとっては債権者が多いほどいいわけです。

 

任意整理をする場合、弁護士や司法書士と、面談や打ち合わせをします。
債権者が1件でも、債権者が5件でも、時間の差はそれほど大きくないでしょう(勿論、多少は違います)。
なので、弁護士や司法書士側からすれば、債権者の数が多いほどいいわけです。

 

そういった理由で、債権者の数が1件だと断るようです。

 

勿論、すべての法律事務所・法務事務所が1件で断るわけではありません。
債権者が1件でも任意整理の依頼を断わらない法律事務所・法務事務所はあります。

 

債権者が1件(1社)という理由で任意整理を断られた方は以下の法務事務所で相談してください。
1件でも請けてもらえます。
まずは無料の電話相談で聞きましょう。

 

私のオススメはこちら ⇒ アヴァンス法務事務所


ホーム RSS購読 サイトマップ