自己破産で借金を整理する

自己破産で借金を整理する

自己破産で借金を整理する

任意整理は、残っている借金を返済できる能力がないと出来ません。
分割弁済では、残っている借金を3〜5年で返済します(金利はなし)。
この能力が必要というわけです。
月々の収入と支出から「毎月これくらいなら返済出来ます」と債権者に説明し、分割弁済に応じてもらいます。

 

返済能力がない場合、ほとんどは自己破産で借金を整理することになります。
自己破産の場合、返済能力がなくてもOK!
むしろ、返済能力のないほうがよいわけです。

 

また、返済能力があっても債権者が任意整理に応じない場合は自己破産を選択します。
仕方なく、ですね。
私が任意整理をするとき、司法書士に
「もし、債権者が(任意整理に)応じない場合はどうするんですか?」
というようなことを聞いたことがあります。
すると、司法書士は、
「だったら、自己破産すればいいだけです」
と即答しました。

 

その司法書士の話によれば、某カード会社は任意整理に応じないそうです。
「任意整理に「応じてもらえなければ自己破産します」
といっても、担当者は、
「どうぞ。そうしてください」
といったかんじで答えるそうです。
なので、返済能力があっても自己破産するしかないそうです。

 

自己破産で借金を整理する まとめ

返済能力がない場合は自己破産での借金整理を検討する
返済能力があっても債権者が任意整理に応じない場合は自己破産での借金整理を検討する


ホーム RSS購読 サイトマップ